langEnglish
ホーム > INplc > INplcで利用できるFWL

FWL (ファームウェアライブラリ)

ファームウェア ライブラリは、FU(ファンクション)FB(ファンクションブロック)などの関数が集まったライブラリです。

■ 標準FWL 一覧

INplcの標準機能として、下記のファームウェア ライブラリを使用することができます。
 No  FWL  機能概要  詳細情報
 1  ProConOS FWL  IECの標準ファンクション以外に使用できるProConOS用のFU/FBのFWL  詳細はこちら
 2  ビット操作 FWL  データに対するビット操作を行う為のFWL  詳細はこちら

 ProConOS ファンクション

IEC の標準ファンクションに加えて、ProConOS ファンクションが使用できます。
 No  ファンクション  説明
 1  COLD_RESTART  コールド リスタートを実行します。
 2  CONTINUE  プログラムの実行を継続します。
 3  HOT_RESTART  ホット リスタートを実行します。
 4  IMEMCPY  データ領域処理
 5  MEMCPY  データ領域処理
 6  MEMSET  データ領域処理
 7  RD_*_BY_SYM  PDD の記号変数から値を読み出します。
 8  WARM_RESTART  ウォーム リスタートを実行します。
 9  WR_*_BY_SYM  PDD の記号変数へ値を書き込みます。

 ProConOS ファンクション ブロック

IEC の標準ファンクション ブロックに加えて、ProConOS ファンクション ブロックが使用できます。
 No  ファンクション ブロック  説明
 1  *_TO_BUF  データ型、配列またはユーザが定義した構造体の要素をバイト ストリームへコピーします。
 2  BUF_TO_*  データ型、配列またはユーザが定義した構造体の要素へバイト ストリームをコピーします。
 3  CLR_ERROR_CATALOG  エラー カタログ全体を削除します。
 4  CLR_OUT  I/O イメージのすべての出力を 0 にセットします。
 5  DERIVAT  時間についての微分
 6  EVENT_TASK  イベント タスクの実行をトリガします。
 7  FILE_CLOSE  ファイルを閉じます。
 8  FILE_OPEN  ファイルを開き / 作成します。
 9  FILE_READ  ファイルからデータを読み込みます。
10  FILE_REMOVE  ファイルを削除します。
11  FILE_SEEK  ファイル内のどこかにファイル マーカをセットします。
12  FILE_TELL  ファイル内のファイル マーカの現在位置を決定します。
13  FILE_WRITE  ファイルへデータを書き出します。
14  FPID  比例 + 積分 + 微分制御 (2 種)
15  GET_ERROR  エラー カタログに保存されたエラーの詳細情報を提供します。
16  GET_ERROR_CATALOG  エラー カタログの現在の内容情報を提供します。
17  GET_SYM  PDD 中の変数の記号名を検索します。
18  INTEGRAL  時間についての積分
19  PID  比例 + 積分 + 微分制御 (3 種)
20  PLC_STOP  PLC を停止します。
21  RD_BOOL_BY_SYM  PDD の記号変数から値を読み出します。
22  RD_INPUT_GROUP  I/O イメージの入力グループの値を読み出します。
23  RTC_S  日付と時刻を文字列に書き込みます。
24  WR_BOOL_BY_SYM  PDD の記号変数に値を書き出します。
25  WR_OUTPUT_GROUP  I/O イメージの出力グループの値を書き込みます。
26  WRITE_RETAIN  保持データをバッファ メモリ領域に書き込みます。

 ビット操作ファンクション

 No  ファンクション  説明
 1  BIT_TEST  ビット文字列の 1 ビットの値を読みます。
 2  GET_CHAR  文字列から 1 文字を抽出します。
 3  GET_LSB  ビット文字列の下位バイトの値を読みます。
 4  GET_MSB  ビット文字列の上位バイトの値を読みます。
 5  I_BIT_IN_*  ビット文字列の 1 ビットを反転します。
 6  PARITY_*  セット ビット数が偶数か奇数かをチェックします。
 7  R_BIT_IN_*  ビット文字列の 1 ビットをリセットします。
 8  S_BIT_IN_*  ビット文字列の 1 ビットをセットします。
 9  SET_LSB  ビット文字列の下位バイトに値を書きます。
10  SET_MSB  ビット文字列の上位バイトに値を書きます。
11  STRING_TO_BUFFER  文字列の文字をバッファにコピーします。
12  SWAP  ビット文字列の上位バイトと下位バイトを入れ替えます。

■ 拡張ユニット用FWL 一覧

下記のファームウェア ライブラリを使用することができます。
 No  FWL  拡張ユニットの種類  機能概要  詳細情報
 1  シリアル FWL  シリアルコミュニケーション  シリアル通信に対応するアプリケーションや機器にPLCプログラムからデータの送受信するFWL  詳細はこちら
 2  EthCom FWL  制御ネットワーク(TCP通信)  Ethernetで接続されたアプリケーションや機器にPLCプログラムからデータの送受信するFWL  詳細はこちら
 4  EcatDrv FWL  フィールドバス(EtherCAT®)  マスターステート変更をはじめ、構成情報と実際の構成の比較や、診断情報取得などのFWL  詳細はこちら
 5  INplc・INtime®機能 FWL  -  INtime®機能やその他の機能を使用するFWL  詳細はこちら
 6  Windows機能 FWL  -  Windowsの機能を使用するFWL  詳細はこちら

 シリアルコミュニケーションFWL (RS-232C/485)

 No  ファンクションブロック  説明
 1  RS_OPEN  コネクションを接続する
 2  RS_CLOSE  コネクションを切断する
 3  RS_SEND  データを送信する
 4  RS_RECV  受信したデータを読み出す
 5  RS_R_LEN  受信バッファ内のデータサイズを取得する
 6  RS_STS  回線状態を取得する
 7  RS_L_CTR  回線を制御する
※標準COMを使用しない場合はオプションが必要です。こちらをご覧ください。

 Ethernet TCP/UDP サーバ/クライアントFWL

 No  ファンクションブロック  説明
 1  ET_OPEN  コネクション接続FB
 2  ET_CLOSE  コネクション切断FB
 3  ET_SEND  データ送信FB
 4  ET_RECV  データ受信FB
※標準LAN、または増設LAN カードが必要となります。使用できるLANについてはこちらをご覧ください。

 EtherCAT® FWL

 No  ファンクションブロック  説明
 1  ECAT_Reset  制御テーブルの値を初期化するFB
 2  ECAT_SetEventFilter  診断イベントフィルタ設定FB
 3  ECAT_SlaveCheck  スレーブ接続状態取得FB
 4  ECAT_GetStatus  診断情報取得FB
 5  ECAT_SetState  マスターステート変更FB
 6  ECAT_CoER  CoE読み込みFB
 7  ECAT_CoEW  CoE書き込みFB
 8  ECAT_WaitForCyclic  Masterサイクリック処理の開始をチェック するFB
 9  ECAT_FindSlave  VendorID, ProductCode, Instance を持つスレーブのスレーブ詳細情報取得 FB
10  ECAT_ReadODByAlias  指定エイリアスを持つスレーブの指定インデックスからデータを読み取る FB
11  ECAT_WriteODByAlias  指定エイリアスを持つスレーブの指定インデックスへデータを書き込む FB
12  ECAT_GetViosInOffset  指定エイリアスを持つスレーブのVIOS IN領域オフセット値を取得する FB
13  ECAT_GetViosOutOffst  指定エイリアスを持つスレーブのVIOS OUT領域オフセット値を取得する FB
14  ECAT_ReadByte  VIOS IN領域から8ビットデータを読み取る FB
15  ECAT_ReadWord  VIOS IN領域から16ビットデータを読み取る FB
16  ECAT_ReadDword  VIOS IN領域から32ビットデータを読み取る FB
17  ECAT_WriteByte  VIOS OUT領域へ8ビットデータを書き込む FB
18  ECAT_WriteWord  VIOS OUT領域へ16ビットデータを書き込む FB
19  ECAT_WriteDword  VIOS OUT領域へ32ビットデータを書き込む FB
20  ECAT_ReadbackByte  VIOS OUT領域から8ビットデータを読み取る FB
21  ECAT_ReadbackWord  VIOS OUT領域から16ビットデータを読み取る FB
22  ECAT_ReadbackDword  VIOS OUT領域から32ビットデータを読み取る FB
23  ECAT_GetSlaveCount  コンフィグレーション(XML)定義上のスレーブ数を取得する FB
24  ECAT_GetSlaveStatus  対象スレーブのステータス状態を取得する FB
25  ECAT_RequestAsyncOutputs  サイクリック周期とは別に、非同期に出力を開始する FB
※使用するにはオプションが必要です。こちらをご覧ください。

 INplc・INtime®機能 FWL

 No  ファンクションブロック  説明
 1  mn_IMEMCPY  データコピーFU
 2  LookUp  オブジェクトハンドル取得FB(立ち上がり時実行)
 3  LookUpE  オブジェクトハンドル取得FB
 4  SendSem  セマフォ:ユニットリリースFB(立ち上がり時実行)
 5  SendSemE  セマフォ:ユニットリリースFB
 6  WaitSem  セマフォ:ユニット受信FB(立ち上がり時実行)
 7  WaitSemE  セマフォ:ユニット受信FB
 8  ReadMem  セグメント:データ読み込みFB(立ち上がり時実行)
 9  ReadMemE  セグメント:データ読み込みFB
10  WriteMem  セグメント:データ書き込みFB(立ち上がり時実行)
11  WriteMemE  セグメント:データ書き込みFB
12  InByte  I/Oポート:データ読み込み(1バイト)FB
13  InWord  I/Oポート:データ読み込み(2バイト)FB
14  InDWord  I/Oポート:データ読み込み(4バイト)FB
15  OutByte  I/Oポート:データ書き込み(1バイト)FB(立ち上がり時実行)
16  OutByteE  I/Oポート:データ書き込み(1バイト)FB
17  OutWord  I/Oポート:データ書き込み(2バイト)FB(立ち上がり時実行)
18  OutWordE  I/Oポート:データ書き込み(2バイト)FB
19  OutDWord  I/Oポート:データ書き込み(4バイト)FB(立ち上がり時実行)
20  OutDWordE  I/Oポート:データ書き込み(4バイト)FB
21  SendLog  ログ出力FB
22  mn_RTC_S  システム日時取得
23  SaveArea_M  共有メモリ領域(Mエリア)のデータ保存
24  SaveArea_I  入力信号領域(Iエリア)のデータ保存
25  SaveArea_Q  出力信号領域(Qエリア)のデータ保存
26  LoadArea_M  共有メモリ領域(Mエリア)へのデータ展開
27  LoadArea_I  指定ファイルのデータを入力信号領域【Iエリア】に展開します。
28  LoadArea_Q  指定ファイルのデータを出力信号領域【Qエリア】に展開します。

 Windows機能 FWL

 No  ファンクションブロック  説明
 1  Sound_Play  WAVEファイル再生
 2  Sound_Stop  WAVEファイル停止
 3  Sound_State  WAVEファイルの再生状態を取得します。
※TenAsys®, INtime®, eVM® and iRMX® are registered trademarks in USA of the TenAsys Corporation.
※EtherCAT®は、Beckhoff Automation GmbH, Germanyの登録商標です。