langEnglish

RSI-ECAT 性能データ


更新日 2020年3月16日
■ 性能の情報
RSI-ECAT-Master製品は、PCプラットフォーム上で動作するEtherCAT®マスターソフトウェア製品です。 このため通信速度といった性能については、実装するPCハードウェアのCPU性能に左右されます。
本ページでは、目安としてさまざまなCPUを実装したPC上での通信性能について紹介いたします。
旧性能データはこちらから
  • 性能の情報
    • 測定条件
    • 測定結果
  • 各評価機ごとの詳細結果
    • PC#1: Core™ i7 7700 (Kaby Lake)
    • PC#2: Core™ i5 3530 (Ivy Bridge)
    • PC#3: Atom® E3845 (Bay Trail)

測定条件

  • CPUごとの処理時間について測定します。
  • 測定に使用するCPUには、Core™ i7 7700、Core™ i5 3530、Atom® E3845の3つを用います。
  • 図中の測定プログラムからRSI-ECATの通信ステートをOperationalに変更し、この時の処理の様子を、INtime®に付属するユーティリティ「INscope*1」で計測します。
  • 取得したINscopeからの情報から、RSI-ECATの処理時間を調べます。

*1 INscope : INtime®上でのスレッドの切り替えイベントやAPIコールイベントなどを記録するデバッグ用ユーティリティ

測定結果


  Master動作時間*2
Core™i7 7700 (Kaby Lake)
( 1サイクルに要する時間)
39 usec
Core™ i5 3530 (Ivy Bridge)
( 1サイクルに要する時間)
43 usec
Atom® E3845 (Bay Trail)
( 1サイクルに要する時間)
94 usec
表 1. 各CPUにおける Master動作時間の測定結果
RSI-ECAT 測定結果
(※ 画像クリックで拡大)
■ 各評価機ごとの詳細結果

PC#1:Core™ i7 7700 (Kaby Lake)

スペック

Hard CPU Core™i7 7700 3.6GHz
Memory 8GB
NIC Ethemet Server Adapter I210-T1
Soft Windows Windows 10 Pro
INtime® INtime® 6.3 SDK Dedicated Mode
Master RSI-ECAT-Master 3.04 HPE2
Studio RSI-ECAT-Studio 1.12.349.0
表 2. Core™i7 測定環境

結果

< 設定 >
  • INtime® Kernel Tick : 500 usec
  • Master 1サイクル時間 : 500 usec
< 測定結果 >
  測定結果
1サイクルに要する時間 [③] 39 usec
Master動作時間 [①+②] 19 usec
表 3. Core™i7 7700 測定結果
図 1. Core™i7環境での処理の様子(クリックで拡大)

PC#2: Core™i5 3530 (Ivy Bridge)

スペック

Hard CPU Core™i5 3530 3.4GHz
Memory 8GB
NIC Ethemet Server Adapter I210-T1
Soft Windows Windows 10 Pro
INtime® INtime® 6.3 SDK Dedicated Mode
Master RSI-ECAT-Master 3.04 HPE2
Studio RSI-ECAT-Studio 1.12.349.0
表 4. Core™i5 3530 測定環境

結果

< 設定 >
  • INtime® Kernel Tick : 500 usec
  • Master 1サイクル時間 : 500 usec
< 測定結果 >
  測定結果
1サイクルに要する時間 [③] 43 usec
Master動作時間 [①+②] 22 usec
表 7. Core™i5 3530 測定結果
図 2. Core™i5 3530環境での処理の様子 (クリックで拡大)

PC#3: Atom® E3845 (Bay Trail)

スペック

Hard CPU Atom® E3845 1.91GHz
Memory 2GB
NIC I210 Gigabit Network Connection
Soft Windows Windows 10 Enterprise 2016 LTSB
INtime® INtime® 6.3 SDK Dedicated Mode *4
Master RSI-ECAT-Master 3.04 HPE2
Studio RSI-ECAT-Studio 1.12.349.0
表 6. Atom® E3845 測定環境

結果

< 設定 >
  • INtime® Kernel Tick : 500 usec
  • Master 1サイクル時間 :500 usec
< 測定結果 >
  測定結果
1サイクルに要する時間 [③] 96 usec
Master動作時間 [①+②] 74 usec
表 7. Atom® E3845 測定結果
図 3. Atom® E3845環境での処理の様子(クリックで拡大)


※TenAsys®, INtime®, eVM® and iRMX® are registered trademarks in USA of the TenAsys Corporation.
※EtherCAT® は、Beckhoff Automation GmbH, Germanyの登録商標です。