PCプラットフォームによる PCプラットフォームによる 産業用ソリューションプロバイダー 産業用ソリューションプロバイダー


採用情報


お問合せ

JapaneseEnglish

  • PP266
ホーム > RT-edge > コンテナ仕様 FINS通信 コンテナ機能
RT-edge FINS通信コンテナ機能
 概要
FINS (Factory Interface Network Service)はオムロンのFAネットワーク上のコントローラ間でメッセージ通信を行うためのプロトコルです。FINSサービスコンテナ(FINSコンテナ)は、TCP/IPを利用したFINS通信(FINS/TCP)を使用してオムロン社製PLCに対するアクセシビリティをRTCDに展開する、FINS通信プロトコルのクライアントとして機能します。

RT-edge(FINSコンテナ)を導入することで、Windowsネットワーク経由でオムロン社製PLCにアクセス、PLC内部の「デバイス」と呼ばれるI/Oメモリ領域を外部に公開し、タグを介した入出力が可能となります。
RT-edge FINS通信コンテナ機能 イメージ
 特長
プログラムレスでコントローラ間通信
RT-edgeにFINSコンテナを導入することで、PLC内部の「デバイス」と呼ばれるI/Oメモリ領域をRTCDに紐づけて、Edgeタグを介した入出力が可能となります。
FINSコンテナが自動的にデバイスデータの読み出しを繰り返し、Edgeタグの値変化は自動的にデバイスメモリへ書き込んでアップデートします。
定義ファイルでできるデータ指定
規定されたフォーマットで、対象デバイスメモリ位置を記述して、任意のEdgeタグ名称を与えればアクセスが可能になります。
 仕様
動作プラットフォーム 工業用PC、内蔵LANポート一基が必要
基本ソフト Windows 10 Enterprise 64ビット
基本ソフト .Net Framework 4.6
基本ソフト RT-edge バージョン 3.4.0以降
使用可能タグ数 最大10,000個
対応プロトコル FINS/TCP
対応シリーズ オムロン社製PLC
対応できる台数 8台
データ更新タイミング 100ミリ秒周期~65,500ミリ秒周期
デフォルト1,000ミリ秒
※Windowsの負荷状態などによりこの時間は正確ではありません
Edgeタグ機能
TagsブロックのTagアイテムに列挙されたEdgeタグは、FINSコンテナの起動と連動して用意されます。
Edgeタグは1つのデータの容れ物にあたります。
Edgeタグ機能
対応するデバイスメモリ
対応するPLCデバイスメモリは、RT-edgeタグを定義する際に、書式に従ってAddressプロパティにデバイスコードとアドレスを与えることで、通信の確立とデータ交換の対象となります。
取り扱いができるデバイスメモリは次の通りです。
デバイス名 デバイスコード
チャネル I/O CIO
内部補助リレー W
保持リレー H
特殊補助リレー A
タイマアップフラグ TIM
タイマ現在値 TIM
カウンタアップフラグ CNT
カウンタ現在値 CNT
データメモリ DM
拡張データメモリ E0_ ~ EC
入力タグ指定
Edgeタグを宣言する際に、デバイスメモリの位置をAddressプロパティに与えます。
そして、TagRef_INブロックのTagRefアイテムに列挙することで、FINS通信によるデータリフレッシュの対象となります。これによりPLCのデータがRT-edgeに読み出されます。
入力タグ指定
出力タグ指定
Edgeタグを宣言する際に、デバイスメモリの位置をAddressプロパティに与えます。
そして、TagRef_OUTブロックのTagRefアイテムに列挙することで、FINS通信によるデータリフレッシュの対象となります。これによりRT-edgeのデータがPLCに書きこまれます。
出力タグ指定
 サンプルシステム
サンプルシステム構成
FINS通信コンテナの動作を解説するためのサンプルシステム構成を以下のように定義します。
サンプルシステム構成
機器 項目 設定値・形式
Edgeコントローラ IPアドレス 192.168.250.10
SYSMAC CJ2M-CPU31 CPUユニット Q04UDVCPU
Ethernet I/F QJ71E71-100
IPアドレス 192.168.250.1
ポート番号 9600
ネットワークアドレス 0
ノードアドレス 1
ユニットNo 0
通信の定義
PLCとの通信に関する設定は、コンテナ定義XMLに記述することができます。
タグ名 説明
SSERVICE.EgFINS.Port 9600 FINS通信ポート番号
SERVICE.EgFINS.SNA 0 FINSコンテナ側のネットワークアドレス
SERVICE.EgFINS.SA1 0 FINSコンテナ側のノードアドレス
SERVICE.EgFINS.SA2 0 FINSコンテナ側のユニットNo
通信の定義
データタグの定義
PLCのデバイスメモリとEdgeタグのデータリフレッシュに関する設定は、
コンテナ定義XMLに記述することができます。
Edgeタグ名 アクセス方向 接続先デバイス 接続先アドレス データ型
CJ2M.CH[0] 読み出し チャンネルI/O(CIO) CIO000 Word(5)
CJ2M.A[0] 読み出し Aレジスタ(A) A000 Word(5)
CJ2M.CH[3] 書き込み チャンネルI/O(CIO) CIO003 Word(5)
CJ2M.CH[5] 書き込み チャンネルI/O(CIO) CIO005 Word(5)
データタグの定義
動作の確認
RT-Edge標準のオブジェクトブラウザツールを用いると、Edgeタグの値変化をダイナミックに参照できます。 動作の確認
HOME