HOME >マイクロネット展示会及びセミナー情報

マイクロネット展示会及びセミナー情報

Rev 2018.6.5
各種展示会への出展や、リアルタイムOS / ソフトPLCに関するセミナーを開催をしております。
展示会やセミナーに関するお問合せはこちらまでお願いします。

※以下は、過去の展示会/セミナーのご報告です。
 ◆2016/ 5月 ESEC2016 出展レポート
 ◆2016/ 6月 ソフトウェアPLCによるシステム開発技術セミナー 実施レポート
 ◆2016/ 7月 PCベースリアルタイムコントローラの開発技術セミナー 実施レポート
 ◆2016/ 9月 ソフトウェアPLCによるシステム開発技術セミナ 実施レポート
 ◆2017/11月 SCF2017出展レポート
 ◆2018/ 5月 IoT/M2M展 出展レポート

その他 過去の展示会/セミナー情報につきましてはこちらをご覧ください。

  展示会、セミナー情報

2018年 展示会

期間 名称 実施場所 詳細
5/9(水)

5/11(金)

終了
IoT/M2M展【春】 東京ビッグサイト 1台の産業用PC上でデータ処理とリアルタイム制御を実現するデモを展示。エッジコントローラの構築に必要となる様々な技術要素(リアルタイムOS、ソフトPLC、 フィールドバス、ゲートウェイ、クラウドインタフェースなど)の製品を紹介します。
出展のご報告はこちら
7/25(水)
東京

7/27(金)
名古屋
産業オープンネット展2018 東京
大田区産業プラザPiO

名古屋
名古屋国際会議場
IPCを用いてエッジコンピュータを構築し、各種フィールドバスでリアルタイムにデータ収集、制御を行なうためのソフトウェアを紹介します。

東京、名古屋の両会場ともに、IPCを利用した多様なリアルタイムネットワークを構築するソフトウェアのセミナーを実施します。
<開催時間> 12:30~13:00

お申し込みはこちら

2018年 セミナー

                           
期間 名称 実施場所 詳細
2/16(金)
終了
ソフトウェアPLCの
システム開発技術セミナー
(無償)
高度ポリテクセンター幕張
(千葉県千葉市)
産業用PCを活用したリアルタイムコントローラを構築するための技術を学べるセミナーです。 リアルタイム制御、ソフトウェアPLC、EtherCATなど、昨今の産業の現場での制御のIoT対応のためのキーワードとなる技術について学べます。
2/21(水)

2/23(金)

終了
IoT活用セミナー(無償)
茨城県工業技術センター IoTを活用した生産現場の効率改善を図るために用いられるソフトウェアPLCや高性能フィールドバスについて、教材(ソフトウェアPLCコントローラやフィールドバス機器(EtherCAT))を用いた具体的な実習を含めて行われます。 本セミナーではマイクロネットの技術者が講師を担当します。

※セミナー詳細および申込用紙は下記の各リンク先をご参照ください。
・高性能フィールドバスセミナー
・ソフトウェアPLCセミナー
6/27(水)

6/28(木)
実習で学ぶソフトウェアPLC活用技術 青森県八戸市 八戸実習場(八戸地域職業訓練センター内) 「PC」というプラットフォーム上で、PLC制御を実現することができる、 「ソフトウェアPLC技術」を学習できるセミナーが実施されます。 ソフトウェアPLC技術の概要から、実際のプログラムまで実機に触れながら学習できます。
申込締切 6/8(金)
7/5(木)

7/6(金)
実習で学ぶソフトウェアPLC活用技術(有償) 高度ポリテクセンター幕張(千葉県千葉市) PLCエンジニアリングの現場では従来の信頼性と機能性を維持しつつ、ネットワークを介しての上位通信技術や高機能なモーション制御技術、フィールドバス技術の取り込みを模索しています。 こういった現場で現在注目されているのがソフトウェアPLC技術です。 PCというプラットフォームを活用できるソフトウェアPLC技術は、これからの産業用機器制御の現場で必要とされる技術です。 本セミナーではソフトウェアPLCの概要の説明、導入のメリット、具体的なシステム開発技法などについて広範に習得できます。
お申込みは▶こちらをご覧ください。
7/19(木)

7/20(金)
リアルタイム拡張カーネルのしくみと制御プログラミング(有償) 高度ポリテクセンター幕張(千葉県千葉市) Windowsを制御に用いたとき、目標の時間性能を満たせないことがあります。 このような問題点を解決できる"リアルタイム拡張カーネルソフトウェア"を導入するソリューションを学び、Windowsの利点を活かしつつ、ハードウェア制御処理や、割込み処理の作り方をプログラミング実習を通して習得できます。 また、一般的なパソコン処理にリアルタイム性の機能を持たせるメリットがWindowsとの通信、外部入出力制御をおこなうことで比較することができます。
お申込みは▶こちらをご覧ください。
8/31(金) ソフトウェアPLCの
システム開発技術セミナー
(無償)
ポリテクセンター京都
(京都府長岡京市)
産業用PCを活用したリアルタイムコントローラを構築するための技術を学べるセミナーです。 リアルタイム制御、ソフトウェアPLC、EtherCATなど、昨今の産業の現場での制御のIoT対応のためのキーワードとなる技術について学べます。
お申込みは▶こちらをご覧ください。
9/5(水)

9/7(金)
計測制御におけるTCP/IPソケットI/F通信プログラミング(有償) 高度ポリテクセンター幕張(千葉県千葉市) TCP/IPプロトコルを使用したネットワーク管理コマンドの使用法とソケットインターフェースを利用したプログラミング技法が習得できます。 リアルタイムOSとWindowsのプログラミング方法によりTCP/IP通信のリアルタイム性能を比較確認します。 TCP/IPを使った三菱シーケンサとの通信方法も確認します。
お申込みは▶こちらをご覧ください。
10/18(木)

10/19(金)
パソコンによるリアルタイム計測制御システム構築技法(有償) 高度ポリテクセンター幕張(千葉県千葉市) 一般的なパソコンや拡張ボードなどを使った計測制御システムの構築技法が習得できます。 制御システムに必要不可欠である定時処理を行い、かつGUI機能で効率良く計測情報を入力・出力処理ができるプログラミング方法の解説・実習を通して、HMIから計測制御までの一連の機能を構築する技術が習得できます。
お申込みは▶こちらをご覧ください。
11/15(木)

11/16(金)
パソコンによる高性能フィールドバス利用技術(有償) 高度ポリテクセンター幕張(千葉県千葉市) フィールドバス仕様を理解した上でその一段上のレイヤー設計・利用での技能高度化をめざして、デジタルI/O制御、アナログI/O制御、および、モーション制御の各条件について理解度を深め、課題実習や各種試験を通して、各種I/Oにおける問題点を把握し、実践的な技能を習得できます。
お申込みは▶こちらをご覧ください。

2019年 セミナー


期間 名称 実施場所 詳細
1/24(木)

1/25(金)
実習で学ぶソフトウェアPLC活用技術(有償) 高度ポリテクセンター幕張(千葉県千葉市) PLCエンジニアリングの現場では従来の信頼性と機能性を維持しつつ、ネットワークを介しての上位通信技術や高機能なモーション制御技術、フィールドバス技術の取り込みを模索しています。 こういった現場で現在注目されているのがソフトウェアPLC技術です。 PCというプラットフォームを活用できるソフトウェアPLC技術は、これからの産業用機器制御の現場で必要とされる技術です。 本セミナーではソフトウェアPLCの概要の説明、導入のメリット、具体的なシステム開発技法などについて広範に習得できます。
お申込みは▶こちらをご覧ください。

※EtherCAT®は、Beckhoff Automation GmbH, Germanyの登録商標です。