langEnglish
ホーム > INtime > ライセンスポリシー
INtime
ページはINtimeユーザー様向けのページです。閲覧にはログインIDとパスワードが必要です。
ピックアップ
-製品・ソリューション
リアルタイムモーション制御ソリューション

-コラム
社長からの一言
INtime製品ライセンスポリシー
INtime製品概要
INtimeのソフトウェアライセンスには大きく分けて以下の二種類のライセンスがございます。
  • ソフトウェア開発キット (INTIME-DK)
  • ランタイムシステム (INTIME-RT、INTIME-MCRT、RTOS-RT、RTOS-MCRT)
ソフトウェア開発キットは、INtimeアプリケーションソフトウェアを開発するためのライセンスとなります。
ランタイムシステムは、INtimeアプリケーションソフトウェアを実機システムに組込み動作させるためのライセンスとなります。
いずれのライセンスもインストールするPCハードウェア毎に必要となります。
ライセンスは、弊社(株式会社マイクロネット)で販売しております。

ソフトウェア開発キットのライセンスについて
 
(INTIME-DK)
概要
ソフトウェア開発キットにはINTIME-DKがございます。
INTIME-DKはソフトウェア開発キットパッケージの為の基本ライセンスとなります。
ライセンスコードについて
ソフトウェア開発キットのライセンスは、開発用のPC一台ごとにひとつ必要となります。
このライセンスはUSBハードウェアキーとライセンスコードによって保護されております。
ソフトウェア開発キットのパッケージには、ライセンスごとに用意されたUSBハードウェアキー、ライセンスカードが同梱されております。
開発用PCにソフトウェア開発システムをインストールする際には、ライセンスカードに記載されたライセンスコードを入力する必要があります。
このライセンスコードは、USBハードウェアキー毎に対応したユニークなライセンスコードとなっております。
ソフトウェア開発システムをインストール後、実際にINtimeアプリケーションソフトウェアを開発、デバッグする際にはUSBハードウェアキーを開発用PCに装着しておく必要があります。

ランタイムシステムのライセンスについて
 
(INTIME-RT、INTIME-MCRT、RTOS-RT、RTOS-MCRT)
概要
ソフトウェア開発キットを利用してINtimeアプリケーションソフトウェアを開発した後、実際の機器製品やシステムにINtimeアプリケーションソフトウェアを組み込んで利用する場合には、組み込み機器のCPU毎にランタイムシステムのライセンスが必要となります。
ランタイムライセンスの導入について
ランタイムシステムのライセンスを導入するためには、まずINtime開発元である米国tenAsys社(ライセンサー)と「SOFTWARE REDISTRIBUTION LICENSE」の契約を結んでいただく必要がございます。
通常は、INtimeのソフトウェア開発キットを導入していただいた後に、弊社マイクロネットのより本契約のご案内の資料一式を送付させていただきますので、その案内に則って契約を実施していただくこととなります。
本契約後に、ランタイムシステムのライセンスを導入していただけることとなります。

ランタイムシステムのライセンスは、「INtime購入ガイド」ページに記載されているように、お客様のニーズに合わせて「USBアクティベーション方式」「ドングルキー方式」で提供されます。
必要な認証方式に応じてご発注ください。
マルチカーネル用ライセンスについて
INtimeのバージョン4から、1台のPC上で複数のリアルタイムカーネルを動作させるマルチカーネルの機能が追加されました。
INtimeのランタイムシステムのライセンスでは1台のPC上にて動作させるリアルタイムカーネルが1つの場合と複数の場合の二種類において、異なるライセンスとして取り扱っております。
動作させるリアルタイムカーネルが一つの場合はINTIME-RT/RTOS-RT、複数の場合はINTIME-MCRT/RTOS-RTというライセンスとなります。
INTIME-MCRT/RTOS-MCRTライセンスでは一台のPC上で動作させるリアルタイムカーネルの数の制限はございません。
また、ソフトウェア開発キットでは、このような動作させるリアルタイムカーネルの制限はございません。

INtimeソフトウェアバージョンとライセンスについて
概要
INtimeソフトウェアは随時にバージョンアップを行います。
バージョンアップによって、機能の追加およびこれまでに発見されたバグの修正などが行われます。
ソフトウェア開発キットのバージョンアップについて
ソフトウェア開発キットには、ソフトウェア開発キットのバージョンアップができる「製品メインテナンス」サービスが付属しています。
このサービスを利用することで、INtime開発元のTenAsys社のサイトにアクセスして、常に最新のバージョンにするためのコンポーネントをダウンロードすることができます。
ただし、この「製品メインテナンス」は期間が1年間となっています。1年経過後は、「製品メインテナンス」の継続契約を実施していただきます。

バージョンアップを行った後であっても、開発済みのソフトウェアの保守などのために、所有しているソフトウェア開発キットの本数の範囲内で旧バージョンのINtimeソフトウェア開発キットのご利用も可能となっております。
ランタイムシステムのバージョンアップについて
未使用のランタイムシステムのライセンスは、バージョンとは関与がございません。 従いまして未使用のライセンスは購入数の範囲内で、お手持ちのいずれかのバージョン用にご使用いただけます。 ただし、いずれかのバージョンにライセンスを適用すると、使用したそのライセンスはバージョンが確定いたします。
バージョン変更に伴う入れ替え目的でのライセンスの再発行には応じられません。このような場合は、新たなライセンスのご使用をお願いいたします。

付帯ソフトウェアのライセンスについて
概要
弊社マイクロネットではINtime関連製品としてRSI-ECAT製品をはじめとするリアルタイムドライバソフトウェア(RSI製品)やソフトウェアPLCソフトウェア(INplc,PC_PLC)等のINtimeに付帯するミドルウェアを販売しております。
これらのINtimeの付帯ソフトウェアのライセンスは弊社でINtimeソフトウェアのライセンスと一緒に管理しております。
すなわち上記のINtimeのソフトウェア開発キットのライセンス、ランライムシステムのライセンスなどはINtimeライセンスシールなどに印刷されたシリアル番号にて管理されておりますが、それぞれの付帯ソフトウェアは、これらのINtimeライセンスとひもづいた形にて管理されております。
付帯ソフトウェアのライセンスの取り扱い
INtimeライセンスと付帯ソフトウェアを同時に購入される場合は、付帯ソフトウェアのライセンスシリアル番号はINtimeソフトウェアのそれと同じものとなります。
INtimeライセンスを購入後に、付帯ソフトウェアを購入される場合には、別途新たにINtimeランタイムライセンスを付帯ソフトウェアと同時にご購入いただく必要があるものもございますのでご注意ください。