HOME >INtime製品の製品体系変更のお知らせ

INtime製品の製品体系変更についてのお知らせ


平素より弊社マイクロネット製品をご利用いただきありがとうございます。
弊社マイクロネットが取り扱っておりますリアルタイムOS製品「INtime」について、INtime開発元であるtenAsysが、よりお客様方の開発に適した形へと製品体系の改定を行いました。
新しい製品体系につきましては、以下をご確認ください。
(1) 新たな開発パッケージ製品「INTIME-DK」がリリースされました。
INtime製品開発のための「開発キット」、「製品更新サービス」、「技術サポートサービス」が一体となったパッケージ製品です。
A) 開発キット
コードファイルINtime開発のためのサンプルコード、ライブラリ、ヘッダファイル
INtimeドライバTCP/IPスタック、USBスタック、デバイスドライバ
プラグインVisualStudio用プラグイン
ツールINtime Explorer,INscope,Spider Debugger
B) 製品更新サービス
a)のINtime開発キットのバージョンを更新可能とするサービスです。
サービス期間中であればメジャー、マイナーを問わず、最新のバージョンにバージョンアップすることができます。
更新する製品コンポーネントの入手はtenAsys社 WEBサイトのDOWNLOADS(英語)ページ
から行います。
C) 技術サポートサービス
INtime製品の使用に関するアドバイス、情報提供、トラブルシューティングアシスタントを行います。
お客様の立場にたって問題の原因を特定し、解決する方法提案を行います。
サポートは電子メール、FAX、専用ホットラインで行い、お問い合わせ回数に制限はありません。
サポート対象者として1ユーザーにつき最大2名様まで登録ができます。
D) サービス期間
「製品更新サービス」および「技術サポートサービス」のサービス期間はそれぞれ1年間となります。
1年経過後に継続してサービスを受ける場合は(2)の製品メインテナンスサービスINTIME-MAINTを
ご購入ください。
「開発キット」にはサービス期間はございませんので、そのまま引き続きお使い頂けます。
(2) 新たな製品メインテナンスサービス「INTIME-MAINT」がリリースされました。
INTIME-DKの「製品更新サービス」と「技術サポートサービス」のサービス期間を1年間延長する製品です。
A) INTIME-MAINTは原則お持ちの「開発キット」毎にご購入頂く必要があります。
複数のINTIME-MAINTをご購入の場合、2本目以降(INTIME-MAINT/Add)は1本目より
お安くなっております。
B) INTIME-MAINTのサービス期間中は、これまで別途有償であった技術サポートを受けることができます。
C) INTIME-MAINTをご購入でない場合、その対象となる「開発キット」のバージョンアップはできませんが、現在お持ちのバージョンを継続してお使い頂くことはできます。
D) INTIME-MAINTのメインテナンス更新日は、最初に購入された開発キットの購入日で統一されます。
(下図、パターン①を参照ください。)
E) INTIME-MAINTの未加入期間があっても、未加入期間分を含めて購入していただくことで、再加入が可能となります。
(下図、パターン①を参照ください。)
(3) 従来の開発キット製品、バージョンアップ製品、技術サポート製品が廃止されました。
INTIME-DKおよびINTIME-MAINTがリリースされたことにより以下の製品は廃止となりました。
①INtime開発キット
   廃止 INtime-SDK,INtime-DKA
   INTIME-DKをお求めください。
②INtimeバージョンアップ製品
   廃止 INtime-SDK/UPG1,INtime-DKA/UPG1
   INTIME-MAINTをお求めください。
③INtime技術サポート製品
   廃止 INtime-Support
   INTIME-MAINTをお求めください。
(4) 適用範囲
①INtimeDK
   INtime開発キット製品をご購入されるお客様は、INTIME-DKをご購入頂くこととなり、バージョンは原則、現行バージョンの5となります。
②INTIME-MAINT
   INTIME-MAINTの購入は、お手持ちの開発キットのバージョンが5以降のものを対象とします。
既にお持ちのバージョン5の開発キットについては、本サービス制度の適用開始を2015年10月1日からとさせていただきます。それまでにご契約いただきますようご検討ください。
2015年10月1日を過ぎてからINTIME-MAINTを購入される場合は、2015年10月1日からの未加入期間を含めてご購入いただきます。
   また、本サービスを2015年10月1日前にご購入頂き、これをすぐに開始することも可能です。
③INtimeのVersion3,Version4をお持ちのお客様へ
   旧バージョンのINtime製品に対しては、INTIME-MAINTを適用頂けません。
従って、現在お持ちのバージョン3またはバージョン4をバージョンアップしたいお客様を対象に、旧製品体系のINtime-SDK/UPG1及びINtime-DKA/UPG1の販売をさせて頂きます。
但し、こちらの旧製品は暫定的な販売となりますので、販売期間は2016年3月31日迄とさせて頂きます。
この期間以降にバージョンアップを希望される場合には、新規に開発キットを購入していただくこととなります。
INtime-SDK/UPG1及びINtime-DKA/UPG1を用いてお手持ちの開発キットをバージョン5以降にすることで、INTIME-MAINTの購入が可能となります。引き続きINTIME-MAINTの導入をご検討ください。
後日INTIME-MAINTを購入する際にはこのバージョンアップをした日からの未加入期間を含めてご購入いただきます。
④有償サポートサービスについて
   INTIME-MAINTをご利用いただけないお客様については技術サポートサービスのみの、サポート製品を提供いたします。本製品にはINTIME-MAINTとは異なり、製品更新サービスは含まれておりません。
上記製品体系変更について、ご不明な点がございましたら、お手数ではございますが、弊社担当営業、もしくは弊社お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
2015.03.03